不動産登記

売買

不動産の売買を行うにあたって、買主様がご自身の権利を保全するため不動産登記を行う必要があります。通常、銀行等で当事者にお集まり頂いて、我々が登記関係書類を確認したうえで、資金の移動をして頂きます。

不動産業者・銀行からの斡旋で司法書士を選定することが多いですが、ご自身で選ぶことも可能です。ご自身で私どもと面談して、信頼できることを確認したうえでお決め頂けます。また、売買契約の段階からお手伝いさせて頂くことも可能ですのでご用命ください。

贈与・交換その他

贈与・交換など不動産にまつわる契約には、不動産登記が必要です。契約前の法律的なご相談から、契約書の作成、登記申請の代理、証明書の取得など、最後までお手伝い致します。
Contact
Go to Top